ニキビの治し方をあらゆる視点から探求

今までのニキビ治療の概念を捨ててみましょう

顔のニキビは思春期の頃「ニキビ」と呼ばれていても、大人になったら、ただの「吹き出物」です。皮脂が過剰に分泌されてみっともないという話ではなくて、顔ニキビの根本的な原因である女性ホルモンのバランスに目を向けることが非常に重要になのです。

 

私たち女性は、スキンケアのことを、友だちから聞いたり、雑誌やテレビ、インターネットで見聞きして、少しずつ知識を得ます。しかし、雑誌やテレビは、スポンサー商売ですから、あまり「本当のこと」を語りません。語っても、上手に自社の商品を購入させるような文脈になっています。

 

顔ニキビにおいて、「女性ホルモンのバランスをとることが重要です」とか、「ニキビケア用品に頼ってばかりいては、ニキビと縁を切るのがむずかしいですよ」と言われ始めたのは、インターネットが普及してからのことです。テレビや雑誌で、そういうことを言っても、スポンサーは儲からないのだと思います。(ニキビケア用品を買わないで、骨盤体操ばかりする女性が増えたら、化粧品メーカーは困ると思います)

 


 

肌は、どこまでいっても個人差のかたまりです。よって、友だちは、このニキビケア用品で顔ニキビがすっかり治ったのに、私は治らないということがたくさん起きています。
まずは、自分の肌質を知ることです。そして、数ある顔ニキビ対策用品の特性を知って、じょうずに活用することです。たとえばビタミンCは、昔とは比較にならないくらい、ニキビケアにおいて優秀なはたらきをするようになりました。しかし、同時に副作用があります。ビタミンC誘導体じたいに問題があるわけではなく、自分の肌のコンディションと相談しながら使用しないほうが、良くないとも言えます。

 

スキンケアは毎日のことです。しかも、ニキビのある顔を毎日見るのは、かなり憂うつです。でも、毎朝、鏡を見て、「肌はなにをして欲しいのかなあ」と思って、しげしげと顔を眺めるといいと思います。肌のコンディションを毎日気にかけてあげていると、顔ニキビは治りやすくなります。これだけ、すばらしい顔ニキビケア用品が揃っている時代です。自分の体質・肌質にあったニキビケアを探して、実行してみましょう!

 
更新履歴
page top