ニキビとビタミンC

ビタミンCはどこまで顔のニキビを消すのかな?

ダイエットの業界においては、単品ダイエットが批判を浴びています。たとえば、トマトジュースダイエットとか、バナナダイエットなどです。
単品に含まれている「痩せる(であろう)成分」を気にするより、バランスよく食べて、基礎代謝をあげないと、なにを食べても(飲んでも)痩せにくい体質になりますよということです。
美肌づくりや、顔ニキビ対策もおなじことで、コラーゲンだけをむやみに摂取しても、なかなか美肌にならないのは、ご存知のとおり。
しかし、最近は、ビタミンCの研究開発が進んで、ニキビの治療には、高濃度の「リン酸型ビタミンCローション」を使用するというのが定説になりました。さて、どこまでニキビ予防のパワーがあるのでしょうか?

 

 

ビタミンCの効果

以前から、ビタミンCのサプリメントや、ビタミンC配合のスキンケア用品は売られていましたが、この「リン酸型ビタミンCローション」ができてから、効果はさら上昇しました。ビタミンCと言えば、美白効果です。また、抗酸化作用です。皮脂の酸化から肌を保護する効果もあります。
これらビタミンCの持つ能力を医薬品レベル(ニキビを予防するのではなくて「治す」レベル)にまで引き上げたのが、「リン酸型ビタミンCローション」です。実際に、医薬品のニキビケア用品には、全体重量の3%くらい、ほぼ必ず配合されています。

 

塗るビタミンCの注意点

ビタミンCには、皮脂の分泌を抑える作用もあるので、ビタミンC配合のスキンケア用品を使っていると、顔がカサカサしてくることがあります。
ここから先は個人差の問題になってきます。カサカサしたから使用を中止して、天然成分のスキンケア用品に切り替えるのか、週に1〜2回、ビタミンC配合のスキンケア用品を使うのか?自分の肌質をよく考えて、個々人で、どのていどの使用頻度にするのか、よく見極める必要があります。

 

飲むビタミンCの注意点

ビタミンCは、活性酸素を除去する作用があるので、ニキビケアには非常に有効な成分です。しかし、ビタミンCを過剰に摂取しすぎると、カラダは過剰分のビタミンCを異物とみなして、活性酸素でもって攻撃しはじめます。
つまり、過剰摂取のビタミンC、体内で活性酸素を生むということです。これは本当に気をつけた方がいいでしょう。そもそも、ビタミンでもミネラルでも、過剰に体内に入ると、肝臓が処理をしきれなくて、肝臓が疲れてきます。
そして、あらゆる物質は「不要物」とカラダに見なされて、活性酸素が出るのです。最初の話の単品ダイエットに戻りますが、なんでもバランス良くいろいろ食べることが大切なように、ある特定の成分を溺愛しすぎるのも、あまり顔ニキビに良くないということです。

page top