ニキビ

黒いぽつぽつニキビを消す方法

黒いぽつぽつがほほや小鼻に出来ている状態。これを取り除くために、小鼻パックが一時期、大流行しました。黒いシートに白い柱状の角質がよく見えるので、多くの女性がよろこんでやったと思います。しかし、その後、パックした箇所が赤く腫れたりしませんでしたか?小鼻パックの成分は、肌に刺激が強く、また、肌の保湿に必要な皮脂まで取り除くために、肌トラブルになるのです。

 

肌にやさしい毛穴対策とは?

小鼻パックを使用しないでも、毛穴の黒ずみはとれます。毛穴を開いて、中の汚れをとり、最後に毛穴を引き締める。この3ステップです。

 

(1)毛穴を開く
お風呂に入って、全身からほどよく汗が出てきている状態で、顔の毛穴もじゅうぶんに開いています。その時に、熱い蒸しタオルで鼻を温めましょう。これだけでじゅうぶん毛穴は開きます。

 

(2)毛穴をお掃除する
肌への刺激の少ないクレンジング料をつけて、黒ずみの部分をやさしくマッサージします。
マッサージが終われば、じゅうぶんに洗い流します。ごしごしとこすらないで、流水のチカラだけで洗い落とすのがいいですね。
洗い落とすと、冷たい水で顔を洗って、毛穴を引き締めます。引き締め効果(収斂作用)のある化粧水が売られていますが、わりと肌に刺激の強い成分が入っていることが多く、あまりおすすめはできません。毛穴が引き締まるのは、カラダの自然な機能です。冷たい水をあてると、勝手に引き締まります。肌の再生機能をおおいに利用しましょう。

 

(3)アフターケア
ケアした部分だけ、肌は刺激を受けているので、そこの部分には、化粧水を染み込ませたコットンをあてます。あてたコットンの上から、かるく肌をマッサージします。マッサージが終わると、顔全体を化粧水でかるくパッティングして、乳液をつけます。

 

基本に忠実に!

毛穴は毛穴専用のスキンケアオイルで!と思う女性もいると思いますが、結局のところ、肌に刺激を与える成分がたくさん入っていたりします。
刺激性の強い成分を配合すると、一時的に、よく汚れが落ちるのです。よく汚れが落ちると、またその商品を使いたくなります。で、また使用します。この繰り返して、毛穴は開いて、角質は硬くなっていきます。だから、また同じスキンケア用品を使用します。化粧品メーカーは、いかにリピーターをつくるか…というマーケティングをしていますが、もう、思うツボです。
肌は、「やさしく、刺激を与えず」が基本です。基本通りにやると、ガンコそうに見える毛穴の黒ずみも落ちるのです。

page top